ヱビス装工 ヱビス装工の精霊船 精霊流し用品 長崎のお盆 お問い合わせ ブログ
長崎のお盆


精霊流しは遠く江戸時代、享保の頃より始まったと伝えられます。

毎年8月13日の夜、故人の御霊(みたま・精霊)様が紋入り燈籠を目印になつかしの家族のもとへお帰りになります。
15日の夜は精霊棚に供えられた様々な供え物を精霊船に添え億万浄土へ個人の御霊を送ります。

今も昔も宗派を問わず故人をしのぶ気持ちに変わりはありません。 ここ長崎県 佐世保市でも、残された家族の心をこめて年々華やかな精霊流しが盛大に行われています。

初盆を迎えるご家庭が流すのが「精霊船」です。2年目以降、毎年流すのが「万灯篭」です。 流すといっても「精霊船」は川や海には流しません。決められた会場がありますので(中心になるのが名切(なきり)会場)、そこへ向かって各家庭から自慢のお船をお披露目しながら担ぎ手がにぎやかに運んで行きます。

2年目以降流す「万灯篭」は実際に佐世保川に流します。これも会場は決められていますので万灯篭に思い思いの言葉を書き、川へ流します。にぎやかな精霊流しとは逆に、静かで幻想的な風景です。


精霊流しのスケジュール

6月 精霊船の大きさ・種類・担ぎ手・参加人数など計画を立てます
 |
7月中旬くらいまでに精霊船・ハッピまたはシャツなどを注文します
 |
7月下旬〜8月 精霊船が配達されます
 |
11日 お墓のお掃除を済ませておきます
親戚からいただいた提灯などはお墓に飾ります
提灯吊りポールが便利です
 |
12日頃 お寺様が初盆供養に来られます
初盆にお参りに来てくださった方には お茶やお菓子で接待します
返礼品をお渡しします
精霊船をお参りの方々に披露します
 |
13日 お盆の入り
花、なすとキュウリの牛と馬などをお供えします
お精霊様が帰って来られる際に目印になるように 玄関に門提灯を準備します
縁側があれば迎え提灯を縁側に準備します
家族全員でお墓参りをします
 |
14日 お盆の間は灯明を絶やさないようにします
精霊流し本番に向けて足りないものはないか総点検をします
 |
15日 精霊流し
ルートの再確認 夕方、出発花火(うったちはなび)を合図に出発します
担ぎ手や参加者にはおにぎりなど軽食を準備します



伝統の佐世保型御精霊船製作所 ヱビス装工 (C) YEBISU SOKO All Rights Reserved.